#1 書くことを考える

こんばんは

 

 

去年の英語のパワポの課題を出した以来使ってない

MacBookのキーボードを叩きながら、

 

 

ブログは数年ぶりなので書き出しがわからず緊張してます笑

 

 

更新頻度は高くないですが、

twitterでは書ききれず、facebookでは書くほどのことでもないような、

たわいもないことを中心に書いていこうと思います。

そうですね 完全に自己満足です笑

 

そして読んでくれる人にとって、

朝の通学電車や、歯医者の待ち時間、退屈な授業中などに最適で気軽に読めるようなブログを目指したいなどと考えております。

 

 

元々考えたり悩んだり妄想したりするのが好きで、(それを誰かに発するのも好きで、反応をもらえたらもっと良くて)

 

 

大学生活を過ごす中で日々色々なことを考えたり悩んだりの軌跡を残そうと思い立ち、法社会学の授業中に開設したこのブログ、、、

完全に見切り発車です。終着駅はありません。

レヴィ=ストロース構造主義なんて完全に頭に入ってきませんでした笑)

 

 

コメントは誰からでも受け付けることができる設定にしとくので、もし読んでくださった方がいれば、

この考えはおかしいやろ やら 俺はこう思うやら 勉強しろ

や何なりとそして

気軽に

コメントしてくれたら幸いです。

 

というかもう言いましょう。反応やコメントが欲しいです(笑)

誰でも、そんなに仲良くない人でも(この際仲良くしましょう)いいのでよろしくお願いします。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

久しぶりにブログ書いてみて、

中学生の頃Amebaにハマっていたのを思い出しました。

あの頃から自己肯定欲、自己顕示欲、自己承認欲求が強かったのか、

たいして面白くないブログに

「面白かったです!次も楽しみにしてます」みたいな見え見えのお世辞コメントが付いたのを確認するやいなや、新しい記事を考え書き始めていたの懐かしいな〜〜〜と思い出します。

純粋過ぎる笑

おそらく今見たら赤面する内容でしょう。

 

最近気付いたのが

・書くのが好きで、

・それを面白いといってもらえることがもっと好き

なことに気付きました。

 

 

 

『書く』仕事に一定の憧れを抱きつつ、

生来の才能と圧倒的な言語感覚やワードチョイスセンス、多種多様な経験が必要な世界なので

それが特にないから、

こうやって特に批判もされないアマチュアに楽しむのがいいのかなとも思ったり。

どこか物足りない気もしたり。

 どうなんでしょう笑

 とりあえず答えは出さないでおきます。

 

このブログでは日々の悩みや思考の過程など記録しつつ、かつ書くことで、レスポンスを貰うことで、思わぬヒントを得ることができればいいなと思います。

 

 

 

改めてこれからもよろしくお願いします!