#9 映画や小説について

 

 

少しだけ映画や小説について書いてみようと思う。

フォロワーなら知ってると思うが僕は観た映画や読んだ小説について感想ツイートする習慣があり、一部のフォロワーには鬱陶しがられてるだろうなと思いつつもミュートしないでいただけたら幸いです。特に知り合いにミュートされてると悲しみます。 

(ちなみに映画ツイートの評価の判断基準は

★★★★★ 観た中でもトップクラス

★★★★☆ オススメ!

★★★☆☆ こんなもんかな

★★☆☆☆ まあもう見ることはないでしょう

★☆☆☆☆ 時間と金の無駄

でつけてます。参考までに)

 

なぜツイートしてるかについて。Twitterは自分の中で日々の記録みたいな媒体でもあるので備忘録として残しときたい。まあ一応アプリでも感想は残しているがTwitterの方がよく使うし振り返れる。自己顕示欲や自己満足の側面も否めないけど、ツイートすることでフォロワーの方が「自分もあれ観た!面白かったよね」とか「自分はそうは思わなかった」とか話が広がることを期待してたりもする。感想大歓迎です。

 

僕はちょうど一年前くらいから意識的に映画を見始め、記録をつけてから100本以上観てきた。映画は無限にあり、在学中に出町ツタヤの映画を制覇するのが夢なのでまだまだである。

今大学生って自由な時間多いけど、意識的に作品に触れようとしないと時間ばかりが経って行くし結果何もしないままのことが多い、だから今のうちになるべく多くの映画や小説に触れておきたいと思ったのが始まりである。

あとになっても触れることはできるけど、20代の今触れることは当然ながら今しかできない。20代の自分だからこそ心の琴線に触れる作品もあると思う。だから今少しでも多くの映画や小説を浴びるようにして触れていきたい。少し高尚なことを述べたが単純に映画や小説が好きで、2時間や3時間で何か得れた気になるのがいい。映画や小説はもちろん読み手に自由な解釈が許されてるし、だから感想は自分の言葉でまとめたほうがいいと思ってる。なるべく安直でわかりやすい言葉に流されないように。圧倒的な感動の前に言葉は無力ではあるけれど、それに近付けることはできると思う。今後、少しでも思ったことや感動を伝えたり再現できるようにできたらいいなと思う。だから先ほどのツイートの話にもつながるのである。面白かったなぁだけやと忘れてしまうから少しでも忘れないようにとの意味合いもある。でもたまには他人の意見や評論も読んで、こんな意見もあるのかとかそうそうこうやんな、とか確認することと大事なのかなぁと思う。偏らないためにも。

 

映画や本を選ぶ作業はワクワクする。だから一週間のうちで一回も本屋とレンタルビデオ店に行かない週はない。もちろん借りたり買わずに帰ることもある。一枚、一枚または一冊、一冊手にとっては説明を読んだりして、じっくり決める。本好きや映画好きにはわかってもらえると思うが、その作業込みで映画や小説は成立すると思うし、気がついたら小一時間経ってることもザラにある。これにはどんな世界が詰まってるのだろうと考えるとなかなか決められないのである。

 

映画についてもう少しだけ。

映画が人生を変えたり、人生観に影響したりすることはそうそうない。100本に1本もないと思う。でもそれくらいの割合で本当に面白かった!と思える映画と出会えるのも事実。自分だけが面白いと思えるような映画も存在する。反対にこれ世間では面白いと言われてるのにつまらなかったなぁというのももちろんある。普通・普通に面白かったくらいの感想のものが大半だとは思う。

でも少なくともこれだけは言えるのは自分が知らない世界を見せてくれるし、入り込めば入り込むほどその場にいるような臨場感を味わえると思う。その分悲しくなったり、怒ったり、時には主人公とともに喜んだり、最後に大きな感動に包まれたり。とりあえず自分が経験できないような、人生や世界を見せてくれるし体験できる。だからやめられない。

 

 

僕は映画をパソコンに入れ、オープニングと共に、

「これからどんな世界を見せてくれるのだろうか。どんな人生を体験できるのだろうか」とワクワクするのである。