#19 ボーっとする

なんとなく家に帰りたくなくて

ビリヤードしたあと近所のカフェで本読んだりしてダラダラしている。

単に一人でボーっとしてたい。独りでポカンとしてる時間が好きだ。

知ってる人がいないところで何をするでもなくダラダラしたい、この感情はなんと言うんやろう。

 

家に帰ると、別に家族が嫌いというわけじゃなくても、

必然的に接着面が生まれる。神経が磨り減る。

本当に落ち着けるのは自室に一人でいるときだけかもしれない。

こういうことを考え出してからはより一層独り暮らしに憧れるようになった。

 

タイから帰ってきて一番に思ったことは

「ラーメン食べたい!」ではなく、

入ってくる情報量多いなということだった。

向こうではタイ語なんかほとんどわからないからノイズはシャットアウトされていた。

タイ文字なんかアンノーンポケモンのあれね笑)だから当然理解できない。

 

でも日本にいると、知らず知らず色んな情報が、望む望まないに関わらず、色々なところから、入ってきている。その感じが久しぶりで少し疲れてしまった。

 

そんな感じでブログを書いてる手を止め、少し伸びをして周りを見回してみると、

自分と同じような人が何人かいた。

仕事帰りのサラリーマン、家事が一段落した主婦、勉強してる学生・・・

たぶんだけど直で家に帰らないのは独りの時間を作りたいからなんじゃないかなとか勝手におもってみる。

みんな知らず知らずに疲れてる

たまにはこういう時間もあっていい。

何をするでもなく、自分と対話しながら、ボーっとするような時間が。

生産性とは程遠いところにあるけど、『人間疲れ』をリセットするような時間が。

 

お腹もすいてきたし

あと30分だけこうして家に帰ろうかな