#23 外国語でジョークを言ってドヤ顔した話

カンボジアのホテルの外で一服してたときのこと。近くでトゥクトゥクのおじさんがいたが最初は特に気にもせず吸っていた。しばらくして彼がホテルからでてきた白人の老父婦にトゥクトゥク乗らないか!?と声をかけていたが見事にガン無視されていた。別によくあることなのにちょっと気の毒になった自分は(言いたがりの自分もでてきていたけど笑)

''He is shy''

と言った。そのとき彼は笑ってくれた。カンボジアンジョークが通じた瞬間である。

そのあと彼は息子の話をしてくれたり、僕のことを聞いてくれたりした。

名前さえ知らないけど、異国の地で少し心暖まったような出来事として記憶している。

 

タイで観光地を歩いてたときのこと。前方に中国人がいた。こう書いただけでもううるさい声が聞こえてきそうである。実際にうるさかった。だからタイ人の友達に

''Japanese are differennt from Chinese. They are noisy.''

と言った。その時も彼女は手を叩いて笑ってくれた。そのあとタイ語での言い方も教えてくれて、二人で言い合って盛り上がった。中国人ウザいネタ、ディスり芸はバンコク共通なのである。

 

別に二つとも特別面白いことを言ったわけじゃないけど、シンプルなことでも笑いをとれるという事実を再確認したし、あれは、外国人を笑わせられた、ジョークが通じたという自信にもなった。

そもそも語学的に凝ったことを言うことができない。一笑いあるとそっからのやっぱ話が弾みやすい。フックになってくれる。

笑いは世界の共通語、じゃないけど。

その場の雰囲気とかノリとかももちろん大事。

現地の言葉で言えた暁には、お、なんかやるやんこいつ、みたいな感じになる。(外国人が現地のスラングを使ったりすると大抵ウケるから言語学習のモチベにもなる)

僕のゼミの教授は外国人にこれを言ったらウケるみたいなのは持ってるらしい。これ言ったらウケるやろなというパターンの引き出しが多い人は強い。コミュニケーションの幅が広がるし、結果的に日本語でのコミュニケーションにも還元されると思う。

今のバイトは幸いにしても外国人と交流する機会は多い。だからこれからもライフワークの一つとして研究していきたい。結局何が言いたかったかというと、非日本語でジョークが通じたときはめちゃくちゃ気持ち良いということ。

 

もちろんではあるが何を言ってるんだこいつはと言うような目で見られながら、大スベりすることもある。