#24 ジョージアで死にかけた話

 

今めちゃくちゃ興奮してるので

久し振りにブログを書こうと思う

 

今日僕は一緒に旅をしてる友達と別行動して

世界遺産の街ムツヘタに行こうと考えながら

トビリシの街を歩きながら写真とったりしてた。

すると一人のタクシー運転手が声をかけてきた

ムツヘタまで行きたいと言うと2wayで50ラリ(2000円)だという

ちょっと高いと思ったしミニバスなら数ラリで行けるので迷ったけど

貸し切りやし楽で観光の都合もつくかなと思ってそれで合意した。

 

ムツヘタまでは約30分

イベリア王国の首都ということもあり、風情があってよかった

高台の教会に行ったりトビリシとは全く違う、ムツヘタのダウンタウンを街歩きした

(写真は後日facebookなりインスタなりあげます)

 

運転手とも途中道中ザクロのジュース買って飲んでたら運転手が

ジョージアのワインを半分くらい注いできて、ジョージアの酒は美味しいぜと言ってきたり(美味しかったけど喉焼けそうやった)

TOYOTAプリウスに彼が乗ってたとこから話が弾んだり

と途中までは割と仲良くしてた

 

しかしムツヘタのダウンタウンで昼ごはんをたべてかえってくると

なぜかめちゃくちゃ怒ってた

出発させた途端わけわからん英語とグルジア語でまくし立てる

 

よく聞くともう4時で4時間近くも拘束されてる

とりあえず450ラリ払え!(論理の飛躍)(日本円2万円近く)

 

最初ふつうに50でいいって言ってたのに時間を急に持ち出してきて

普通に、は??となった

バレないのをいいことにオーケーとか首肯く合間にふつうに日本語で

死ねとかアホかとか●すぞとか言ってた笑

とりあえず埒が明かないから財布に入ってた150ラリを隠し

残り110ラリを見せ、これだけしかないと見せた

 

運転手は大きい溜息をつきながら

ユーロは?ドルは?

と聞いてくる

これに関してはほんとうに持ってなかったのでこちらもノーの一点張り

(一回日本円1000円を見せ、これで250ラリ(日本円一万円相当)くらいあるんちゃう、知らんけどと言ったけど無理だった笑)

次に泊ってるホテルを聞いてきた。これバカ正直に答えたら終わるなと思って

今日のホテルはない 今から決めるつもりだった と言い張った

 

すると向こうもヒートアップしてきて

(運転手はいかにもジョージア人でゴツく、密室やしめっちゃ怖かった笑)

 

 

仲間に電話し始めた 変われと言われて変わると英語が話せる人だったらしく

atmに行ってお金をクレカで下ろしなさいと言われた。

万事休すかと思ってたけど、これは逃げるがチャンス来た!と思った。

失敗したら殺されるくらいの剣幕だったけど

これに賭けるしかないと思った。

というかこれは逃げるしかないなと思ってたところへの千載一遇のチャンスだった。

 

僕は急に従順になってお金をおろすからどっかとまってよ

と言った。彼も納得したらしくオーケーと言って車を出した。30分は止まって言い合いしてたと思う。

心臓はバクバクやったけど、正直この状況を楽しんでる自分もいたと思う

ピンチに立たされて生を実感した笑

ずっとこう感じていた

これ逃げ切れたら絶対ネタになる 逃げ切るしかない

 

 

しばらくしたらでかいショッピングセンターに止まって

ミスター、ここでおろしてこいと降ろされた

僕はオーケーここで待ってて、と言い

中に入った 

瞬間ダッシュで反対の出口を目指し、そのまま突き抜け

道路をひたすら走った 運動不足だったけど、

火事場の馬鹿力はほんとうにあるみたいで結構速く走れた

 

そこへ運よく違うタクシーが来たので手をあげると

またも運よく誰も乗ってなかった

入るなり、

「とりあえずトビリシ市街 急いで!!」(ドラマか)

と言うとおじいちゃんドライバーは戸惑いながらもなんとか走らせてくれた。

乗ってる最中、全力で走ったのと見つかるかもと言う緊張で

心臓がバクバクで、吐くかと思ったけど、

スリルにめちゃくちゃ興奮してた 

ホテルまで着いたら絶対ブログ書いてシェアしてやろうとさえ思ってた。

 

しばらく走らせるとどこのホテル?と聞いてきたので答えたけど

知らないらしく、止まって調べ始めた。

いつ追いつかれるかわからないなかドキドキしてた

ジョージア人はひっきりなしにクラクションを鳴らすので、

その度見つかったのかとヒヤヒヤした

 

やっとのことで運転を再開したかと思ったら、

若者ふたりの前で止まり、彼らと英語で話してくれと言う

(思えばこの人も英語が無理だった)

必死の思いで英語の住所と電話番号を見せると

若者たちがホテルに電話してくれた。

そこでやっとわかったらしく、出発した

僕は若者たちサンキューと言いながら本気で心から感謝した

この間もいつ追いつかれるか、ドキドキである

 

しばらくしてホテルが見えてきたとき、

勝った、と思った。

彼に運賃を払い、心からのマドローバ(ありがとうの意味)

を告げ、ホテルに駆け込んだ。

クリーニングされたホテルの布団にドカンと寝転び

勝ちを静かに噛み締めていた。

とりあえずSNSで報告してブログを書こうと思った笑

 

最終的に7000円くらい取られたけど(これでも物価を考えればめちゃくちゃ法外な値段)、二万円おろせと言われてたとこから考えれば最悪の場合のリスクヘッジはできたし

人に話せるような良いネタができてよかったと思う

 

ちなみにトビリシからカズベキという250キロくらい離れた街に乗合バス的なので行った時は

一人20ラリだったので、このクソ運転手がいかに法外な値段を請求してたか

わかると思う

そして最初の合意の時点で彼は全く時間の話は持ち出してなかった

 

なぜか海外旅行するとそれなりのトラブルに巻き込まれる。まあそれもまた魅力なのかもしれないけど笑

 

異国の地ジョージアで死にそうになりながらも

逃げ切った話でした。

 

 

次回からの教訓は面倒でも我慢してミニバスに乗って行こうということ

あとは一点突破で逃げ切ること

逃げるが勝ち

 

 

そのタクシーはホテル周辺で拾ったので

明日以降鉢合わせは気をつけよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#23 外国語でジョークを言ってドヤ顔した話

カンボジアのホテルの外で一服してたときのこと。近くでトゥクトゥクのおじさんがいたが最初は特に気にもせず吸っていた。しばらくして彼がホテルからでてきた白人の老父婦にトゥクトゥク乗らないか!?と声をかけていたが見事にガン無視されていた。別によくあることなのにちょっと気の毒になった自分は(言いたがりの自分もでてきていたけど笑)

''He is shy''

と言った。そのとき彼は笑ってくれた。カンボジアンジョークが通じた瞬間である。

そのあと彼は息子の話をしてくれたり、僕のことを聞いてくれたりした。

名前さえ知らないけど、異国の地で少し心暖まったような出来事として記憶している。

 

タイで観光地を歩いてたときのこと。前方に中国人がいた。こう書いただけでもううるさい声が聞こえてきそうである。実際にうるさかった。だからタイ人の友達に

''Japanese are differennt from Chinese. They are noisy.''

と言った。その時も彼女は手を叩いて笑ってくれた。そのあとタイ語での言い方も教えてくれて、二人で言い合って盛り上がった。中国人ウザいネタ、ディスり芸はバンコク共通なのである。

 

別に二つとも特別面白いことを言ったわけじゃないけど、シンプルなことでも笑いをとれるという事実を再確認したし、あれは、外国人を笑わせられた、ジョークが通じたという自信にもなった。

そもそも語学的に凝ったことを言うことができない。一笑いあるとそっからのやっぱ話が弾みやすい。フックになってくれる。

笑いは世界の共通語、じゃないけど。

その場の雰囲気とかノリとかももちろん大事。

現地の言葉で言えた暁には、お、なんかやるやんこいつ、みたいな感じになる。(外国人が現地のスラングを使ったりすると大抵ウケるから言語学習のモチベにもなる)

僕のゼミの教授は外国人にこれを言ったらウケるみたいなのは持ってるらしい。これ言ったらウケるやろなというパターンの引き出しが多い人は強い。コミュニケーションの幅が広がるし、結果的に日本語でのコミュニケーションにも還元されると思う。

今のバイトは幸いにしても外国人と交流する機会は多い。だからこれからもライフワークの一つとして研究していきたい。結局何が言いたかったかというと、非日本語でジョークが通じたときはめちゃくちゃ気持ち良いということ。

 

もちろんではあるが何を言ってるんだこいつはと言うような目で見られながら、大スベりすることもある。

 

 

 

 

 

 

#22 大人になるということ1

最近タバコが美味しいと感じるようになった。

小さい頃からずっとやらないと思って来たし、

ダサいとさえ思っていたのに。

今でもカッコ良いと思ってることは全くない。

 

大人になるということは、やらないと思ってたことをやるようになることでもあるのかもしれない。染まらないと思っていたのものの、価値がわかっていくということかもしれない。

今はゴルフをやる大人はダサい、おじさんのすることだと思っているけど、そう遠くない未来ハマっているかもしれない。

 

そんな都合の良いことを考えながら、新幹線の狭い喫煙ルームで吸うタバコは数時間振りで、

とても美味しかった。

 

ボーナストラック

このブログを書いてる後ろでおじさんが客室販売のお姉さんにダル絡みしていた。本人達だけが笑っていたしかなり迷惑そうでちっとも面白くなかった。こんなおじさんにはなりたくない。もっとクールでいたい。おじさん達は故意でそうしてるのじゃなくて、多分若い女の人に接するノリがわかってないのだと思う。酔っていたというのもあるけど。 今はこうなりたくないと思ってるけど、こうなってしまうのかもしれない。スマートなおじさんでいたいのに、望む望まざるに関わらず、痛いおじさんになってしまうかもしれないの、いやそれキツイなぁと絶望的な気持ちで新幹線から雨が降る大阪の街を眺めていた。

 

 

 

 

#21 カンボジアで泣きそうになった話

カンボジアに行った時の話。

その日僕は友達と別行動でベンメリアというラピュタのモデルになったと囁かれている遺跡に向かった。トゥクトゥクで走ること約2時間。

車窓から流れるカンボジアの風景は見てて楽しかった。子供が裸で遊んでたり、平気で自転車三人乗り、四人乗りしてたりするのが見れるし、それはもうカンボジアそのものだった。

 

遺跡に着いた。トゥクトゥクの運転手はここに帰ってこい、待ってるからと目で話してくれる。ありがとう、と言って遺跡に向かった。

遺跡自体は退廃的で、冒険してるような気分が楽しかった。初めてこの遺跡を発見した探検家もこんな気分だったのかもしれないと思いを馳せた。ラピュタの元になったかは果たして疑問だ。誰が言い出したのだろう。写真見たい方は僕のインスタ(http://Instagram.com/gosyuinka1cho)みてください。

一通り見て、さて帰ろうと行きし降りた乗り場を探すも一向に見つからないし辿り着かない。

完全に迷子になったのだ。地元民に聞いても全く伝わらないし、GPSも機能せず、機能してもGoogleマップクメール語表記だからどこにいるか分からんから意味ない。喉もカラカラになりながら炎天下を歩きに歩いた。

本当に焦っていたし、泣きそうになりながら来た道辿っていたら、幸運にもなんとか帰れて、運転手が冷たい飲み物用意して待ってくれてたの見て、また泣きそうになった。

 

 

 

ボーナストラック

トゥクトゥクの運転手が帰り道、お腹吹田市と言ってきたので、自分も、と答えると

小汚い、いかにもカンボジアな定食屋(定食屋と呼べるのかもわからない体裁)に連れて言ってくれた。地べたで犬が寝てた。怖かった。(前日の夜ホテル周辺を一人で散歩してたら野犬に追いかけられていた。狂犬病怖い…)

ただそこで食べた焼き飯は本当に美味しかった。美味しいと伝えると、運転手はおうよ、みたいな感じで目配せしてきた。それだけで良かった。

帰り道、ジュースも買ってくれた。ココナッツ?だと思うけど甘かった。旅中盤、心身共に疲れていたから、とても甘かった。

帰りオールドマーケット付近で降ろしてくれた。一緒に写真を撮ってもらい、ありがとう、またカンボジアに来た時に会おうと言って別れた。そんな出来事もあってか、僕の中でカンボジアはとてもいい国として記憶されている。

 

 

 

 

#20 人は奢らされて強くなる

最近ビリヤードにハマっている。

ひとりで近所の快活クラブに出かけては練習している。

球がスコンと入る快感はなかなかのものだと思う。

 

ビリヤードは人生だ。なんて言うつもりは全くない。

でもビリヤードは奥深い。

理論上落とせない球は(ほとんど)ない。

力の強さ、球を撞く位置、当てる位置、回転・・・

これらが少しでも違うだけで全く譜面が異なる。

一打、一打で状況がめくるめく変化する。

そんなスポーツである。

 

基本的にはファールでの勝敗を除くと初心者泣かせなゲームだと思う。

まっすぐ打つのがそもそも結構難しい。 

なんでこんなにも練習しているのかといえばタイに行くたびに訪れている

スクンビットのバーの女の子たちになかなか勝てないから。

 

「勝ったら一杯おごってね」

 

毎回この言葉に乗ってしまい、おごらされる。

勝つときもあるんやけど7〜8割は負ける。

タイに初めて行ったときはビリヤードも完全にビギナーで、何杯も奢らされた。

女の子とお酒を飲むのは楽しいし、奢らされることに後悔することは全くないけど、

やっぱいい格好がしたい。ビリヤード上手いところをみせたい。

彼女たちは職業柄毎日やってるから上手いけど、それに勝ちたい。

バーで流れてるCan’t take my eyes off you を聴きながら、好きな女の子とビリヤードで対戦し、球をスコンスコンと落としていのは楽しい。本当に楽しい。そしてあれはエモい。本当にエモい。勝てるとなお良い。異国の地で、自分めちゃくちゃカッコ良くないか?ってなる。

あれは絶対日本では味わえない感覚だと思う。

 

バー関連の話でいくと、四目並べも今研究中である。

皆さんはやったことありますか?単純なようにみえて意外に奥が深い。

京大生がバンコクの小卒の女の子に負けるのだ。さすがにビリヤードと比べて勝率はあがるけど、それでも半分くらいは負ける。帰国後悔しくてアマゾンでポチった。

 

結局男が頑張るときは女の子にいい格好したいからなのかもしれない。

女性はうまくこの特性を利用して上手く経済を回してください。

こんなこというとまたフェミニストに標的にされそうだからやっぱなしで。

でもいい格好したいとか見返したいっていうドライブはかなり強いと思う。

仲良くなりたい女の子いるからタイ語頑張る、とかね。まあ自分のことなんやけど。

 

あの界隈のバーに入り浸っていると、めちゃくちゃビリヤードが上手な30代くらいの日本人サラリーマンをたまに見かける。一目を置かれているしモテている。

早くそれになりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#19 ボーっとする

なんとなく家に帰りたくなくて

ビリヤードしたあと近所のカフェで本読んだりしてダラダラしている。

単に一人でボーっとしてたい。独りでポカンとしてる時間が好きだ。

知ってる人がいないところで何をするでもなくダラダラしたい、この感情はなんと言うんやろう。

 

家に帰ると、別に家族が嫌いというわけじゃなくても、

必然的に接着面が生まれる。神経が磨り減る。

本当に落ち着けるのは自室に一人でいるときだけかもしれない。

こういうことを考え出してからはより一層独り暮らしに憧れるようになった。

 

タイから帰ってきて一番に思ったことは

「ラーメン食べたい!」ではなく、

入ってくる情報量多いなということだった。

向こうではタイ語なんかほとんどわからないからノイズはシャットアウトされていた。

タイ文字なんかアンノーンポケモンのあれね笑)だから当然理解できない。

 

でも日本にいると、知らず知らず色んな情報が、望む望まないに関わらず、色々なところから、入ってきている。その感じが久しぶりで少し疲れてしまった。

 

そんな感じでブログを書いてる手を止め、少し伸びをして周りを見回してみると、

自分と同じような人が何人かいた。

仕事帰りのサラリーマン、家事が一段落した主婦、勉強してる学生・・・

たぶんだけど直で家に帰らないのは独りの時間を作りたいからなんじゃないかなとか勝手におもってみる。

みんな知らず知らずに疲れてる

たまにはこういう時間もあっていい。

何をするでもなく、自分と対話しながら、ボーっとするような時間が。

生産性とは程遠いところにあるけど、『人間疲れ』をリセットするような時間が。

 

お腹もすいてきたし

あと30分だけこうして家に帰ろうかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#18 祭りという人間選別

この前僕の数少ない親友と心置きなく呼べる男子高同期とご飯食べた時に、俺らは学園祭を楽しんで来れなかったという話で盛り上がった。陽キャはライブしたり、年に一回校内に踏み入れる女子中学生や女子高生をナンパするし、

文化系陰キャ陰キャで、展示とかでそれなりに活躍の場があるし、

その中間くらいの2軍カーストにいた自分らは(高校野球を辞めてラグビー部に入っていた。)

マジでなにもすることがなくて、展示の後ろで

ゲームしたり、使われてない体育館で鬼ごっこしたりした思い出しか、ない。(それはそれで楽しかったけれど)

 

 

大学入ってもそれは同じで、

一回生の頃はクラス出店に携わって、それなりに頑張ったけれど、

それ以外は何の覚えもなく、

クラスの模擬店のシフトがないときは、先ほどの彼と色々回っていたけど、ほとんど印象に残ってない。

唯一覚えてるのはエロい女医が来て、性相談してたのを彼が行きたがってたことくらいだ(多分時間的に結局行ってない)

 

結局NFはそれきりで、二回生の頃はタイに行ったし、多分今年も行かないと思う。

 

なぜ楽しめないのか

よく言われるのが

プライドが邪魔して祭りに浮かれてる自分が恥ずかしがってるんちゃう?みたいな邪推

たしかに一理あるかもしれないけど

でも正直全然しっくり来てなくて

僕たちが出した結論は

 

祭りというものにそもそも興味がない

 

あったらあったでそれなりに楽しめるのかもしれないけど、自発的に関わって行こうとは思わない、興味のベクトルが向いてないみたいな結論。お祭り人間達を、冷ややかな目で見てるように思われるかもしれないが、いうほどそんなことはない(と思う)

 

たしかに僕は小さい頃から

秋に地元で開催されてる子供神輿の行事が

子供ながらめちゃくちゃダルく、

お菓子があるよ、と親に言われても

いや、外に放置してシケたパックのお菓子食べてなにがおもろいねん誰が釣られるかと思っていた

(ごめん嘘)(ただ全くこのお菓子を欲しいとは思わなかったのは事実)

 

大人になって、これも地元の大人神輿に誘われるが、これも全く行く気がなく、むしろ嫌で、一度だけしゃーなし出たはいいが、周りは地元のヤンチーやガラ悪目のおじさんが目立ち(もちろん普通の人も普通にいるが)、それに怯えていた。

日本酒を掻っ払い、バカ重い神輿を老いも若きも、みんなで担ぐという一体感は楽しかったし終わった直後はハイによる達成感とかあったけれど、一週間くらいは右肩に赤ちゃんを載せてるような、筋肉痛?に悩まされた。

 

結果祭りに対するなんとなくめんどくさいイメージが上塗りされただけで、その後はTOEICやら(もちろん口実で受けてない)サークルやらで断っている。

 

祭りの存在意義は理解してる。これまでは家族と社会を繋ぐような中間集団として、ある程度機能していたと思うし、これからもその機能はそれなりに果たすんだと思う。(ネットの登場とかによって存在意義は薄れつつあるんだろうけど)

 

 

だから結局祭りをあんまり楽しめない人種なのだと思う。僕も彼も。(そういう意味で都会的なのかもしれない)

だから祭りを楽しめる人たちは、貴殿達で好きなように楽しんでくれてていいし少々の羽目外しは目を瞑るから祭りの参加を強要しないでくれ。

これが切なる願いである。