#15 教養の英訳、liberal artsもeducationもなんかしっくりとこない

前のブログで素通りした教養、について僕なりの見解を示したいと思います。

まず大前提としては自分が教養あるとか微塵にも思ってないし、まだまだだなと思うことが多々あります。でも意識して身につけよう、その努力をしようとは思っています。では教養とはなにか。

それは 経験知 だと思ってます。

どんなことを経験して、それについてどう感じたり、思ったか、それを自分のものとして咀嚼して、言葉で説明できるか。

もちろん自分が実際見聞きした体験とか、本や映画の疑似体験も含まれると思うし

(だから楽しみ方としてより当事者意識を持つといいと思ってる。当事者意識とか言うと難しく聞こえるけど、自分ならどうするか、とかこういう場面ではこういう行動もアリなのか、とか こういうファッションいいね!とかでもいいと思う笑)

芸術に触れたり、人生の先輩の話をきいたりすることとかも。

単純に考えてみても、毎日部屋にこもってダラダラしてる人よりいろんな国にいったことがある人の話の方が聞いてみたいし、絶対面白そう。

教養ってユーモアとかにも関係してると思う。

同じ環境に留まるのは明らかにラクだとは思うけど、得られるものの上限・幅・厚みは決まっている気がする。

だから常に自分はいろんな経験をしていたいし、そういう経験ができる環境に身を置きたいと考えています。

おもしろそうと思ったら、やってみる(WANIMAの新曲じゃないですよ笑)

危険そうなら、リスクと得られるものを天秤にかけて、でもとりあえず相当危なそうでないなら、やってみる。そういう経験って確かにリスクも伴うけど、絶対"美味しい"と思う。少なくとも人に話したら、おもしろがってくれそうな話だと思う。そういうスタンスでいたいなと思います。

 

そして自分から働きかけたら、環境は応えてくれるんやなということを最近身にしみて実感します。

 

一回生のとき、外れに外れた東南アジアのアイラス。でもこの前タイに行ってきて、そのことを教授に報告しに行ったら、ほかの教授とか院生紹介してもらって、研究室伺ったり、ごはんに連れて行ってもらってるうちに、今まで全く考えてなかった、アジアアフリカ研の院進が選択肢の一つになったり、海外転勤ある会社がいいかも、とか思うようになりました。どうするかは全く未定ですけど、面白い選択肢が出てきたなと思ってます。これはそもそもタイに旅行に行ったこととか、教授や院生に話を聞きに行った結果だと思う。

 

 

確かに教養ってはかりにくい。でも教養って話や行動の節々に、現れる。悩み相談されても自分に、教養がないと、それは辛いなーーとかあっっさいアドバイスしかできないと思う。

自分が尊敬してる大人たちはそう。話が、文章が、面白いし、もっと聞きたい、読みたい、と思わせてくれる。そうなったときはもう一種のファンで、だから教養は人を惹きつける。というかもう教養ある人って顔でわかる気がする。美貌、とは違う、大人で魅力的な顔をしていると思う。だから自分もそういう大人になりたい。そう思われたい。

しかもその教養を身につける営みには終わりがない。だから驕ってしまえばそこで終わり。ある意味、勉強し続ける、継続力のことだとも思います。そして新しい経験知の渇望、好奇心でもあると思う。

で、自分がピンチのとき、一世一代の重要な決断を迫られてるとき、

頼りになるのはなんだかんだ自分自身、自分がどう考えて生きてきたか、つまり自分の教養だけだと思います。なにかあるたびに経験知を演繹して、また帰納して。そうして教養が出来上がると思う。

 

ちょっと自己啓発みたいにうるさくなったと思うし、所々言ってることバラついてるとは思うけど、とりあえず今教養についてはこんな感じで考えています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#14 朝刊を配達するバイクの音が聞こえてきた時、夜というより朝に眠るという感じがする。

久しぶり過ぎる。なんとタイ旅行前日ぶりらしい。実に4ヶ月ぶり。

タイ旅行記とかテスト中に思ってたこと書き溜めてたりするのだけど、また公開は気乗りがした時に。

 

なんかこうしてバイト終わってから映画一本観て、そんで布団に篭りながら、SNSとソシャゲを行ったり来たりしてると、もうこれでもかってくらい自己嫌悪の波が訪れたり、将来の不安で圧死しそうになる。でも最近思ったのが、その不安な状態にいることに安住してる自分がいるかもしれない。勇気出して一歩踏み出すのが怖くて、不安な安全地帯にいることを望んでしまってる。不安を感じてる自分、がデフォなんじゃかいかってくらい居心地の良さを感じてしまってる気がする。だからとりあえずできることから、将来に向けての準備を。実用面では語学、TOEICの勉強だとか、もしくは、数値では測れないけど、今後絶対自分の根幹になる教養を意識して身につけること(自分への投資!!)、とか。それとかSNS、もっと目的意識を持って利用してもいいかもしれないし面白いかもしれない。できることから始める。走り出してみてる。なんかもう手垢ベトベトの月並みな表現だけど。そういえば運命って努力した者だけに架かる偶然の架け橋らしい。今日一日自分は自分のためになるような努力できた?と夜寝るときに問いかけて、自信を持ってYES!と言って、眠れるような1日を1日でも多く過ごしたい。そんな日が続けば、運命も味方してくれる気がする。

春休み、長いようで短い。大学生活はもう2年が終わろうとしている。ここまで何をしてきた?ここらでちょっと意識改革を。朝というより昼、起きて忘れてないことを祈りたい。

#13 出発前夜

初めての海外旅行。明日からタイに行く。

無事帰ってこれるかという心配が大きい。少し前タイで邦人が亡くなったニュースが拍車をかける。そのほかにもお腹の調子はどうとかトイレはちゃんとあるのかとかもし車での移動中お腹が痛くなった場合タクシーの運転手はちゃんと止まってくれるのかなど心配事は絶えない。

 

ほかにも今回は自分が「外国人」になることの不安感もある 

海外行ったことある人にとってはなにを大げさなと思うかもしれないけど犯罪に巻き込まれるかもしれない不安もある。無事帰ってこれるのか。

 

まあでも期待の方が大きい。自分の世界の狭さに打ちのめされたい。これまでの価値観とか常識が通じない世界で混沌に飲み込まれたい。筆舌に尽くしがたい風景に圧倒されたい。言葉が通じないような異国で一期一会の出会いを通して人の温かさに触れたい。

多分だけど死ぬ時走馬灯の一ページに刻まれるような風景とか場面に遭遇できる気がする。

カメラは持っていかない。

その分心のシャッターはちゃんと切っていきたい。

 

# 12 落とす阿呆あれば拾う神あり

僕は物をよく落とす。

大学入ってから定期落とした回数は片手の指だと足りないし、ピタパは2回止めてもらった。(2回目の時、〜月〜日に止められてますよね?って怪しまれた) 

定期は買ったばかりの四月に落として定期買い直して親にキレられたこともある。

そのほかにもおそらく多くのフォロワーが行ったことないであろう事務本部棟に定期入れを取りに行ったり、警察署にもお世話になった。

定期は先日落とした際、拾ってくれた人が報労金の権利主張して来て10%分送金することになったのもみんなあんまり経験したことないと思う。(9割以上は拒否するらしいから)

 

そのほかにも鍵は落としすぎて親に呆れられて今現在スペア作ってもらえてないし 、

ルネでごはん食べてて学生証を台に乗せたまま回収させてしまったこともあるし、

現役の時には京大教育学部も落とした。

 

財布に至ってはカナートのユニクロのあのトイレに忘れたこともある。なぜに。もはやバカ。

財布、鍵、定期入れ。落し物の役満である。

それとか財布か定期入れかどっちか忘れたけど、笠置山に行った際、行きの電車で起き忘れてテンション地平線、後日京橋まで取りに行ったこともある。

とりあえず落とすエピソードには事欠かない。

 

なんで落とすか考えたら

よくイヤホンしてるからだと思う

音楽聴いてるから物が落ちる音とか聴こえない。もしくは意識が音楽に行ってしまってるから?もしくは自分が思ってるよりボーッと生きてる?いずれにしてもわからないけど

 

でも毎回落とすたびに思うのが感心するくらい意外にちゃんと返ってくる。体感8割くらい。この世は意外に優しい。落として言うのもなんだけど、まだまだ捨てたもんじゃないなと思う。

警察に届けると、結構書類とか面倒くさくも書かされるのに。この恩は自分もそうすることで返していきたいと思う。そして報労金受け取る大人だけには絶対ならない

でもその頻度以上に物を落とすと思う 拾ってくれた人はよろしくお願いします

 

この前観た映画に

「人はなぜ落ちるか」「這い上がるためだ」というセリフがあった。それっぽく言うなら

 

 

「僕はなぜ落とすか」「拾う人と出会うためだ」 

 

 

 

それは違うか。

 

#11 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

全部を紹介してたらキリないなら本当に勧めたい・映画評書きたい映画はブログにしていこうと思う。記念すべき第一回。

 

昨日図書館で『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を観た。あまりに有名過ぎるのでご存知の人もいると思う。ミュージカル系って普通楽しい。

ラ・ラ・ランド』とか『ウエストサイドストーリー』とか。でもこの映画の場合、その愉しさがより現実への深い悲しみ・どうしようもなさを際立たせてる。

 

僕はぶっ通しで観た後まあショックを受けた。涙こそ出なかったけど嗚咽しかけたし食欲も一時なくなった。家帰って寝込みたかったし、バイトもテンション上がりきらず小さなミスした。とりあえずお腹の底が気持ち悪かった。

心からこの映画を勧めたい一方で、

観る場所とタイミングと観た後のその日の予定。これはかなり大事。しかも気軽に勧められるような映画でもないからかなり勇気がいる。

テンションウキウキで恋人とかと観るもんじゃないし、その日友達と会う予定とかあるなら絶対やめたほうがいい。

賛否両論別れるとおもう。実際ネットの反応もそんな感じ。

賛否両論系の映画は観なければ良かったとおもう人もいる一方で、生涯最高の映画と思う人もいる。つまりベスト オブザ  ムービーズ になり得るかもしれない だから観てない人は勇気を持って観てほしいなぁと思います。

自分の人生に間違いなくこの映画は刻み込まれたと言えると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは内容に少し踏み込むのでネタバレがきになる人はまだ観てからぜひ読んでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観た後の感想はもう救いようがない。

唯一の救いがあるとすればセルマが映画を通して自分の境遇を嘆かなかったこと。

にしても…酷過ぎる…こんなん…

 

セルマは映画の中で自分は弱いみたいにいうシーンがあったと思う(なかったらすみません)

でも自分ならこんな絶望的な境遇で信じてた人に裏切られて、自分の運命を呪わないでいられるか。絶対無理。

 

辛い現実の中で唯一と言っていいくらいの救いだったミュージカルも役を降ろされたり、仕事を喪ったり、そんななかで息子の視力回復の手術のためだけに、弱音を吐かず、前を向いて生きられるか。それも自分には無理だと思う

 

死刑を免れる or 息子の視力

の選択で迷いなく前者を選べるセルマ

弱いはずがない。ひたすら息子のためを思って行動し続けた、間違いなく強い女性だと思う。

 

映画の序盤でジーンが「なんでこんなしょうもない質問ばっかするの?!」と少し苛立ってセルマに聞くシーンがある

そのときなんとも思わなかったけど、こうした何気ない日常会話が、

視力的にも、そして日中働いてるセルマにとって、息子の成長をずっと感じていられるわけではないから、セルマにとって大事なコミュニケーションだったとおもうとブログ書いてる今でも泣けてきた。

 

あとはジェフとキャシーあと女刑務官。いいやつ達。この映画のもう一つの救いかもしれない。

手術代を弁護士費用に充てようとしたキャシーの行動は行き過ぎたものかもしれないけど、全てはセルマを思ってのこと(だと信じたい)

キャシーの、客にうるさいと言われながらも映画を隣でリアルタイムで解説するシーンも良かったなぁ。

 

ラストはさすがに伏せるけど思い出すだけでショック。迫真の演技が感情電車に追い打ちかけてくる。

 

観た後はやりきれなさ、悔しさ、切なさ、虚無感、裏切りへの恨み、いたずらな運命への憎悪…etc

負の様々な感情が渦巻いて、余韻を暴力的なまでに残し続けたし、良い映画と出会えたとおもう一方、しばらくは観ないでおこうと思う。

 

もし観た人いたら感想とか教えてください。

これから観る人いたらもう一度

「タイミングには注意」

 

 

 

 

#10 何者にもなれない

いい映画を観た後やいい小説を読んだ後はその余韻から創作意欲が湧く。自分も何か生み出してみたいと思う。だからワードを開いて書きかけの小説を再開しようと思うも、自分の発想や表現の拙さを悟り、すぐ断念する。せめて、との思いからこうしてブログを書いてる。根気や体力がないのだと思う。才能がないと自覚しながらもそれと正面から向き合い、努力し続けることができない。個人的に努力に才能は関係ないと思ってるし、そう思いたいから自分の問題。努力できる人は努力するのが"上手い"のだと思う。自分は間違いなく"下手"な分類なのだとは思う。京大に入ってから一層そう思う。どうしても周りと見比べてしまう。何かの実現のために現在進行形で努力してる人が多いと思う。とんでもないところに来てしまったと思う。でも同時に逆に周りに影響受けて自分も頑張ろう、頑張らねばと思う時もある。これ以上いい環境はなかなかない。だから結局いいところに来たなとも思うのである。自分も何か、ライフワークのような、努力し続けることができるものを見つけられたらいいと思う。てかもうある人に言わせれば努力と思ってる時点でダメなのかもしれないけど。

 

ところでなぜブログを書いてるかについてあまり触れてなかったと思う。これはまた改めてブログにしようと思うし書くべきだと思ってるのだが、少しだけ。客観的にみれば間違いなく"イタい""イキリオタク"ブログを書いてて恥ずかしくはないのか。ないといえば嘘になる。Twitterとは違って、全フォロワーに見られないという心理的ハードルの低さとあると思う。でもやっぱり今は書きたいと思う気持ちが強いしまさってしまう。今考えてることを、未来の自分も含めた、読者がいることを想定した上で、見えやすい形で残しておきたい。というか書くこと自体が好きなんだと思う。じゃないと去年の学期末にあんな長いFacebookを投稿したりしない笑

知らない人は是非フォローしてください笑

自己顕示欲もあると思う。けど記録や自己満足の側面もある。

だからこれを読んでくれてる人には大目に見て欲しいと思う。というか感謝しかない。なんだかんだアクセス数が増えると喜んでるのだから。

 

 

 

ブログを書いててふと思った。

今後優れた作品を生み出せなくてもいいから、これだけは知りたい。

偉大な作家は、僕が好きな作家達は、理想と現実、才能と実力の狭間で悩みながらこうして眠れない夜を過ごしたのだろうか。

答えは確認できないけど、多分答えがどちらであれ、こうして悩んでいる自分が安心できるような問いを設定したのかもしれない。

 

何者にもなれない。

それでもロッキーのように、たとえ負けたとしても、最後まで戦い抜いて立ってられたら人生も悪くないと思えるはず。

だから明日も一日頑張ろうと思う。

 

#9 映画や小説について

 

 

少しだけ映画や小説について書いてみようと思う。

フォロワーなら知ってると思うが僕は観た映画や読んだ小説について感想ツイートする習慣があり、一部のフォロワーには鬱陶しがられてるだろうなと思いつつもミュートしないでいただけたら幸いです。特に知り合いにミュートされてると悲しみます。 

(ちなみに映画ツイートの評価の判断基準は

★★★★★ 観た中でもトップクラス

★★★★☆ オススメ!

★★★☆☆ こんなもんかな

★★☆☆☆ まあもう見ることはないでしょう

★☆☆☆☆ 時間と金の無駄

でつけてます。参考までに)

 

なぜツイートしてるかについて。Twitterは自分の中で日々の記録みたいな媒体でもあるので備忘録として残しときたい。まあ一応アプリでも感想は残しているがTwitterの方がよく使うし振り返れる。自己顕示欲や自己満足の側面も否めないけど、ツイートすることでフォロワーの方が「自分もあれ観た!面白かったよね」とか「自分はそうは思わなかった」とか話が広がることを期待してたりもする。感想大歓迎です。

 

僕はちょうど一年前くらいから意識的に映画を見始め、記録をつけてから100本以上観てきた。映画は無限にあり、在学中に出町ツタヤの映画を制覇するのが夢なのでまだまだである。

今大学生って自由な時間多いけど、意識的に作品に触れようとしないと時間ばかりが経って行くし結果何もしないままのことが多い、だから今のうちになるべく多くの映画や小説に触れておきたいと思ったのが始まりである。

あとになっても触れることはできるけど、20代の今触れることは当然ながら今しかできない。20代の自分だからこそ心の琴線に触れる作品もあると思う。だから今少しでも多くの映画や小説を浴びるようにして触れていきたい。少し高尚なことを述べたが単純に映画や小説が好きで、2時間や3時間で何か得れた気になるのがいい。映画や小説はもちろん読み手に自由な解釈が許されてるし、だから感想は自分の言葉でまとめたほうがいいと思ってる。なるべく安直でわかりやすい言葉に流されないように。圧倒的な感動の前に言葉は無力ではあるけれど、それに近付けることはできると思う。今後、少しでも思ったことや感動を伝えたり再現できるようにできたらいいなと思う。だから先ほどのツイートの話にもつながるのである。面白かったなぁだけやと忘れてしまうから少しでも忘れないようにとの意味合いもある。でもたまには他人の意見や評論も読んで、こんな意見もあるのかとかそうそうこうやんな、とか確認することと大事なのかなぁと思う。偏らないためにも。

 

映画や本を選ぶ作業はワクワクする。だから一週間のうちで一回も本屋とレンタルビデオ店に行かない週はない。もちろん借りたり買わずに帰ることもある。一枚、一枚または一冊、一冊手にとっては説明を読んだりして、じっくり決める。本好きや映画好きにはわかってもらえると思うが、その作業込みで映画や小説は成立すると思うし、気がついたら小一時間経ってることもザラにある。これにはどんな世界が詰まってるのだろうと考えるとなかなか決められないのである。

 

映画についてもう少しだけ。

映画が人生を変えたり、人生観に影響したりすることはそうそうない。100本に1本もないと思う。でもそれくらいの割合で本当に面白かった!と思える映画と出会えるのも事実。自分だけが面白いと思えるような映画も存在する。反対にこれ世間では面白いと言われてるのにつまらなかったなぁというのももちろんある。普通・普通に面白かったくらいの感想のものが大半だとは思う。

でも少なくともこれだけは言えるのは自分が知らない世界を見せてくれるし、入り込めば入り込むほどその場にいるような臨場感を味わえると思う。その分悲しくなったり、怒ったり、時には主人公とともに喜んだり、最後に大きな感動に包まれたり。とりあえず自分が経験できないような、人生や世界を見せてくれるし体験できる。だからやめられない。

 

 

僕は映画をパソコンに入れ、オープニングと共に、

「これからどんな世界を見せてくれるのだろうか。どんな人生を体験できるのだろうか」とワクワクするのである。